音楽豆知識の部屋

知っているようで、はっきり知らなかったことば、今さら聞けなかったこと
この部屋で、お役に立てればうれしいです(^^♪

ア〜オで始まることば

アインザッツ Einsats 入りの意。合唱や合奏で、ある声部が歌い(奏し)始めること。
「アインザッツをそろえる」などと使われる。
アウフタクト Auftakt 弱拍。2拍子なら2拍目、4拍子なら2,4拍目。
タクトを上げることで、タクトを下ろす拍は強拍。
ア・カペラ a cappella cappellaは教会の意味で、もともとは教会様式ということだが、
一般には無伴奏の合唱曲のこと。
アッチェレランド accelerando だんだん速く。楽譜上ではaccel.と略記することが多い。
ア・テンポ a tempo もとの速さで。リタルダンドなどで速度を変えた後、
もとの速さにもどること。
アリア aria 詠唱と訳される。オペラは、物語風の叙唱(レチタティーヴォ)
と旋律的な独唱曲(アリア)から成る。英語ではエアー(air)
アレグロ allegro もとの意味は陽気な、楽しげな。速度用語では、速い速度。
アンサンブル ensemble 一緒に、同時にという意。二人以上の重唱(奏)を指す。
その演奏がよく調和していることを「アンサンブルがいい」とも使う。
アンダンテ andante 歩くくらいの速さ。少しゆっくりめの速度を表す。
アンダンティーノ andantino アンダンテよりは少し速い速度。
移調 楽曲の調を他の調に移し変えること。転調と混同しやすい。
ヴィヴァーチェ vivace 快活な、活発な。速度を表す場合は、アレグロより少し速め。
ヴィブラート vibrato 震動させられたの意。合唱の場合はつけない方がよいとされるが
独唱や弦楽器などでは、これにより演奏に表情をつける。
エスプレッシーボ espressivo 表情ゆたかに。espress.と略記することも。
オブリガート obbligato 助奏。主声部の効果を高めるために付けられる装飾的声部。
オブリガーと言う人もいるが、これはポルトガル語で「ありがとう」という意味。音楽用語はイタリア語なのでオブリガー
オペレッタ operetta 小さなオペラの意。通俗的な内容の喜歌劇を指すことが多い。
オラトリオ oratorio もともと聖書やキリスト教を題材にした台本で、独唱、重唱、合唱
、器楽伴奏で演奏する、長い曲。

※これ以後、少しずつ更新していきます。